100万円借りたい グレーゾーン金利

グレーゾーン金利|100万円借りたいHKラボ20

グレーゾーン金利

キャッシングに関してはグレーゾーン金利が問題となったことがありました。
金利に対して法律の上限の解釈が異なっていたために問題が発生したと考えられますが、その元になった法律が利息制限法と出資法の二つの法律です。
利息制限法も出資法も金利の上限を定めていますが、その上限金利が異なっていたのです。
利息制限法では10万円未満は年20%、10万円以上100万円未満は年18%、100万円以上は年15%と定められています。出資法の金利の上限は、現在では改正されたのですが、改正される前には日に0.08%と定められていました。
ですから、閏年でない年には、年率に換算すると「0.08%×365=29.2%」と計算されることになります。

 

この金利の違いがグレーゾーン金利と言われたのです。
二つ法律があって、どちらを適用すれば良いのかが曖昧だったために、消費者金融がキャッシングのサービスを提供するときには、金利の上限の高い出資法を採用していたのです。
なぜ利息制限法は守らずに出資法は守っていたのかというと、これにも理由があります。
利息制限法は上限金利を定めていたのですが、上限を超えて貸し付けを行ったときの罰則規定はありませんが、出資法にはあったのです。そのために、利息制限法の上限金利は超えたとしても、出資法の上限金利は超えずに貸し付けを行っていたのです。
このようなことから売れ−ゾーン金利が発生することになったのですが、考えてみれば法律の解釈の違いで、法律に不備があったと考えることも出来ます。
現在では解釈がきちんと整備されたことによって、利息制限法の上限金利が適用されています。
法律が改正されたことによって上限金利が引き下げられ、それによってキャッシングの金利も上限が引き下げられました。

 

現在はキャッシングのサービスでは利息制限法の上限金利が適用されています。
法律が改正された後には、利息制限法の上限金利を超えて貸し付けることはできなくなりましたし、上限金利を超えて貸し付けた分の利息は無効になりますから支払う必要はありません。
これは過去にも適用されるようになりました。改正される前のグレーゾーン金利に関しても無効だと判断されるようになったのです。無効ですから、支払いすぎた分に対しては返還してもらう事ができます。
これが過払い金の返還請求とよばれているものです。

 

過払い金とは、支払いすぎた利息のことを指します。

 

本来は自分の資産ですから、返還してもらう権利があるのです。
10年以上キャッシングの取引を続けている人なら、かなりの金額の過払い金が発生している可能性がありますから、多くを返還してもらう事ができる場合が多いでしょう。
キャッシングを利用していた人にとっては、グレー損金利で借りていたことによって過払い金の返還請求ができるようになり、多くの資金を手にすることができるというメリットはあるのですが、キャッシングを提供している金融機関からすれば、これは深刻なもの代打と言えるでしょう。
想定していなかった費用が発生することになるわけですから、経営はこれによってかなり圧迫されることになります。
過払い金の返還請求が盛んに行われるようになってからは、経営体力のあまりない消費者金融の中には破綻したものもあるのですが、これは過払い金の返還請求によって破綻に追い込まれたとも言えるでしょう。
過去にグレーゾーン金利でキャッシングを利用していた人もいると思いますが、その場合には過払い金の返還請求を行うことができます。
返還請求が行うことが出来るとはいっても、請求先が破綻していれば返還してもらう事はできませんから、もしもグレーゾーン金利で借りていた可能性があるのなら、出来るだけ早く過払い金の返還請求をしなければなりません。

ホーム RSS購読 サイトマップ