100万円借りたい キャッシング 種類

投資に役立つキャッシングの種類|100万円借りたいHKラボ20

投資に役立つキャッシングの種類

キャッシングは多くの金融機関がサービスを提供していて、それぞれに特徴があります。
極論を言えば金融機関ごとにすべてサービスの内容は異なりますから種類を考えるにはすべて異なると考えることもできるのですが、いくつかの基準で分類するとサービス事の違いが分かりやすいでしょう。

 

まず、大きく二つに分けることができます。
キャッシングのサービスを提供するためには法律に基づいて営業をしていなければならないのですが、そのためには銀行として営業するか、あるいは貸金業者として営業するのかのどちらかになります。
つまり、キャッシングのサービスを提供しているのは銀行と貸金業者しかありません。
どちらもそれぞれのサービスは独自に考えていますから、銀行と貸金業者の間で明確に区別をする必要はないと考える人もいると思いますが、法律の違いは大きいと言わざるを得ないでしょう。
銀行は銀行法という法律によって規制を受けるのですが、貸金業者は貸金業法という法律の規制を受けます。
根拠となる法律が異なるわけですから、それによって提供されているサービスに違いが生じます。
その一つが総量規制です。総量規制とは、年収の3分の1までしか借り入れをすることができないという規制です。

 

ですから、年収が300万円の人であれば、限度額は100万円以下になります。
この法律は貸金業法によって定められていますから、貸金業者は総量規制に従わなければなりません。
限度額が法律によって限定されるだけではなく、年収を証明するために色々な書類を提出しなければならないなど、手続きも必要となってきます。
しかし、これが貸金業法による規制であるわけですから、貸金業者はこれに従わなければならないのですが、銀行は従う必要はありません。

 

このような違いは色々なところにあります。
銀行と貸金業者とを比較した場合には、銀行のほうが審査は厳しいという傾向はあります。
審査は厳しい代わりに金利は低めで融資を受けられるというメリットもあります。
総量規制もありませんから、条件や実績によっては限度額を大きくすることができる可能性もあります。

 

ですから、審査さえクリアすれば利用するための条件は有利になる場合が多いでしょう。
銀行も更にいくつかの種類に分けられます。
銀行というと、駅前にあるようなイメージを持っている人もいると思いますが、インターネットが普及した現在では、何も店舗を持つことは必要とされなくなってきています。
ネット銀行が普及したのもこのような背景があるからでしょう。また、店舗を持っている銀行も、すでにインターネットバンキングのサービスを提供しています。
銀行といった場合には、ネット銀行やインターネットバンキングに力を入れいている銀行は、少し特徴が異なります。
手続きそのものもインターネット上で行うことができる場合が多いですから、一派的な銀行でもキャッシングよりも利用しやすい場合も多いでしょう。
貸金業者にもいくつかの種類がありますが、キャッシングを提供している主な貸金業者は消費者金融と信販会社です。
消費者金融は、そもそもキャッシングのサービスを初めて提供し始めました。

 

現在でも新たなサービスを開発しては提供していますから、キャッシング業界の中での開拓者だと言えるでしょう。
信販会社というとなじみがないかも知れませんが、クレジットカードを運営している会社というとわかりやすいでしょう。
最近ではクレジットカードにキャッシングの機能が付帯している事が多くなってきています。
すでにクレジットカードでショッピングをしている人にとっては、クレジットカード会社のキャッシングを利用すると便利でしょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ