100万円借りたい

100万円借りたいHKラボ20|高額借入に最適!融資額ランキング

100万円借りたい!どこから借りるべき?

100万円というまとまった金額のお金を借りたいときに思いつくのは『そもそも100万円も借りられるのか?』です。
50万円程度だったら借りられるキャッシングも100万円となると申込み先にも注意が必要です。

当サイトおすすめ画像

100万円借りる時のチェックポイント

借りられるのかをチェック!

区分ををチェック:総量規制の対象か対象外かを見ます。
すでに年収の1/3以上の借入がある場合は総量規制対象の消費者金融では借りられません。
総量規制対象外の銀行系カードローンなら申込み可能です。

毎月の返済をチェック!

利息をチェック:数字が小さいほどトータルの返済金額が少なくなります。

トータルの返済回数をチェック!

最小返済額をチェック:月々の最低返済額を調べました。この金額は必ず返済しましょう。多く返す分には問題ありません。

100万円をかりるならら少しでも条件の良いところで借りたいものです。
『返済に困った…』とならないように、各キャッシング会社の条件を比較してください。

 

100万円借入で比較!人気キャッシング会社貸付条件一覧

サービス 借入の利息 最小返済額 最小返済額での
返済回数
即日融資 区分 詳細
バンクイック
12.6% 2万円/月 72回 最短即日 銀行系カードローン
(総量規制対象外)

申込み
モビット
モビット
15.0% 2万6千円/月 58回 最短即日(※3) 消費者金融
(総量規制対象)

申込み
レイク
15.0% 2万5千円/月 30日間無利息:60回
180日間無利息:61回
最短即日 銀行系カードローン
(総量規制対象外)

申込み


(※1)イオン銀行ダイレクトに口座をお持ちの方のみ。
(※2)即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必要。
(※3)即日融資は14:50までの振り込み手続き完了で当日振り込み可。審査結果により不可の場合有。

当サイトおすすめ画像

 

100万円の写真

〜 未来の自分に投資!:キャッシングとは 〜
キャッシングとは、簡単に言うと借金の一種です。他の借金と比較すると、特徴として担保や保証人を必要としないことが上げられます。
担保となる資産を持っていない人や、保証人になってくれる人がいない人でも利用できるというメリットがあります。
借り入れをするときに担保も保証人も必要ありませんから、手続きも複雑ではありませんし、審査も短期間で終わります。
何にしても、手軽に利用できると言うことが、キャッシングの最も大きな特徴だと言えるでしょう。
キャッシングの特徴をもう一つ挙げるとすれば、目的が定められないことでしょう。個人に向けた融資の多くは目的が定められています。
個人で受けられる融資のうち、最も金額の大きいものが住宅ローンですが、住宅ローンは住宅を所有する目的以外に用いる事はできません。
住宅ローンを利用して他のものを買うことはできませんし、土地だけを買うこともできないのです。あくまでも住むための住宅を購入するのが住宅ローンです。
他にも、自動車ローンなら自動車を購入する以外に用いる事はできないでしょう。このように、個人向けの融資の多くは、利用する目的が定められています。
キャッシングはこれらの融資に比べて、目的を絞られないという特徴があるのです。
ですから、キャッシングで借入をしたお金を使って資格取得をするなど、自分の未来へ投資をすることもできるのですが、そうではなくて、例えばギャンブルで浪費をする事もできます。
何に使っても金融機関側からとやかくは言われません。
これがキャッシングの優れたところだと言えるでしょう。
さらに、一度口座を開設しておけば、何度でも融資を受けられるという特徴もあります。
キャッシングでは限度額が定められていて、その限度額の範囲であれば何度も利用する事ができます。
限度額が150万円で、あるとき50万円の借り入れをすれば、利息を無視して考えた場合には、あと100万円を借り入れることができます。

また、手続きそのものはATMやインターネットを使って行うことができますから、必要なときに必要なだけ借入をできるというメリットがあるのです。
逆に考えれば、例えば利用したくないときには利用しなくて良いわけです。利用した期間だけ利息を支払えば良いわけですから、例えば3日間だけ10万円借りるというような使い方もできます。
キャッシングの特徴と言えば、大きなものはこのあたりでしょう。では、実際にキャッシングを利用したいと思ったときにはどうすればよいのでしょうか。
まずはキャッシングを提供している金融機関を選ばなければなりません。何を基準にして選べば良いのでしょうか。
最初に考えるべき事は、利用限度額でしょう。キャッシングを利用しようと思うくらいですから、何か目的があるはずです。
例えば英会話教室に通うために100万円くらいは資金調達をしたいと考えることもあるでしょう。
このときに、100万円を借りることができなければ利用する意味はありません。
ですから、目的を達成できるだけの限度額が確保されるものに絞り込まなければなりません。
次に、金利です。金利が高ければ支払わなければならない利息の金額も、当然のことながら大きくなります。
できるだけ金利の低いサービスを選ぶべきでしょう。金利は借り入れをする人の収入や雇用形態など、様々なものによって決定されるのですが、やはり金融機関による違いはあります。
できるだけ金利の低い金融機関を選ぶ事が必要です。キャッシングを提供している金融機関は銀行と貸金業者の二つに分けることができます。
一般的な傾向としては銀行のほうが金利が低いですから、こちらの方が有利な場合が多いです。

 

借入関連サイト

キャッシング即日KTラボ03|当日融資OKの高速キャッシング! (http://www.townofsavoy.org/
今日にでも借りたい即日融資が希望なら!どのキャッシング会社が良いのか一覧表で確認できるサイトです。
返済期日などが記入できるキャッシング管理表もあります。

 

専業主婦カードローン (http://www.seiwa-kyo.jp/)
収入を得ていない専業主婦の方は銀行系カードローンであれば利用することができます。
必要書類など手続きの方法を解説しています。